2018年11月02日

ステンド グラスへの想い46   お寺

senkouji4a web01532.jpg

 やっと 朝夕寒くなってきました、しかし今年は日中ホント暖かいですね‥
ホントに冬に成ったんでしょうか?
きっとこれから徐々に寒さが増してくるんでしょうけど…
あと1ヶ月ちょっとで2018年も終わりですよ。
1年経つのが早い、この前正月だったような感じがしますが
年取るのが早過ぎると思うのは…年でしょうか?
(毎年この時期に成ると、同じことを言ってるような気がします…?)

  今回は、久し振りにご無沙汰していた「ステンドグラスへの想い46」を書きたいと思います。
近頃ありがたい事にお寺(納骨堂)に関わる仕事が多くなりました。
振り返って見ると…最初の仕事は17、8年前になりますね。
 当時、私自身単純にステンドグラスは教会と思っていましたので、
お寺の話が来たときには少し戸惑いもありました。
新しい物件へのチャレンジは、怖い反面嬉しさがあります。


 senkouji6a web01540.jpg

  記念すべき最初のお寺の仕事は、
中間市(北九州市の隣)にある専光寺様、浄土真宗本願寺派のお寺の納骨堂でした。
(掲載作品写真は約17、8年前、最初に携わった納骨堂の作品です。)
「和」の雰囲気で平屋の数棟の建物です。作品としては当時6枚か7枚創らせて頂いたと
思います。また昨年春、16年振りに指名して頂き須弥壇の作品を製作させて頂きました。
時間が経っても声を掛けて頂ける事は、何よりも嬉しいことです。


gansyouji 1.jpg
title「水光の景」 w2000×h1000

 永年携わってきたお寺の仕事で思い出に残ってるのは、
「ステンドグラスの想いで36」に載せて頂いた、 佐賀市内の願正寺様の仕事でした。
納骨堂の建物のデザイン自体が革新的でした。そして今では当たり前になった
建物の照明がLEDに変わる時でしたので、いまだに当時のワクワク感は忘れもしません。

web_miyazaki hachimannguu.jpg
煌煌の景/w1200×h2200/宮崎八幡宮納骨殿 / 宮崎市

  大半お寺の仕事が多いなか、初めて今年宮崎市内の宮崎八幡宮様/納骨堂のお話しを
頂いた時には「エッ!」神社にですか…と聞いてしまいました。
納骨堂=お寺と思っていましたので先入観ですね…あとあと尋ねてみると
身近の太宰府天満宮にも納骨堂はあるのですね、九州では4番目無知でした。


hikari ryouen web.jpg

また遠方では東京目黒の納骨堂「ひかり陵園」です。この物件は2016年当時、朝日新聞全国版にもTVにも取り上げられ第1次計画で7500基という大きなプロジェクトでした。
遠方だったので気遣いとかもろもろ大変でしたけど、良い作品に出逢ったと思います。


 

投稿者 TT : 2018年11月02日 15:02
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?