2004年02月04日

楽しく感じる

昨年末、山形屋(鹿児島)で2人展をやったお陰で、ランプを作るのが面白く、急遽、3月に地元福岡で、ランプの作品展をする事になりました。  日頃、建築物の大きな作品(平面パネル)ばかりを作っていると、無性に小さい立体物を作りたくなり、いざ作って見るとこれが楽しくて、しかし初心者みたいにポカばかり、以外と難しいものですね…!  23年前ステンドグラスに、初めて関わった頃を思い出しました。   期日に縛られ、失敗も許されない緊張の連続でする日頃の仕事と違い、小学校時代の図工の時間と一緒で、ああでも無い、こうでも無いと形を決めるだけなのに、模型を何度も何度も作り直す。 しかし、なかなか形というかバランスが決まらず、自分自身の才能の無さに腹が立つ、怒ったり、ぶつぶつと独り言云ったり…、しかし、思ったより良いのが出来たときは、心浮き浮き、作品に話しかけている…、そういえば、長い間、この様に楽しく作ることを忘れかけていたかもしれない。 反省!  初心に返ると云う事は、楽しく感じる事なのかもしれませんね!

投稿者 TT : 22:36 | コメント (3)