2005年01月17日

Blog/1周年

hoshino-kanransya.jpg
星の観覧車/としき作


このBlogを始めて丁度1年になる。
最初S君の訃報の話しではじまった…Blogのスタート!
理想と夢は一杯あるけど、
ステンドグラスへの想い」と「がんばれ共和国」のことだけは書きたいで、
まずスタートした。
あれも書きたい、これも書きたいと、試行錯誤 の中、書きたいことが次々浮かぶ。
1年立った今でもこれで良かったのかと、反省はつきない。
最初に思ったのは、私自身の率直な想いを、ただ素直に書きたいだけでした。


息子の病気のこと、彼が描き残していった絵、彼の存在と家族の関わり合い、
特にステンドグラスの仕事に大きな影響を与えてくれた現実。
思い出が薄くならない内に書きたいこと、話したいことがたくさんある、
あまりにあり過ぎて、ついつい長く書いてしまう。
長すぎる文章は、これからの反省のひとつかもしれない。
最初夢だった、Blog及びホームページの英語版もつい最近できた。
思うままに、少しずつ形になる中、育てる面白さを感じる。


英語版作成には予想しなかったおもしろい事もあり、結構楽しんでいる。
お国柄が変わると、解釈の仕方が違ってくる。
「ステンドグラスへの想い1」で書いた内容であるが、
イギリスとアメリカの人に英文が間違ってないか見て貰ったところ、
イギリスの人は、
「ここまで自分のことを悪く書くべきではない、みんな良い事しか書かない…」と、
アメリカの人は、
「この人は、ものすごく可愛そうな人なのね…」
翻訳に関わった人が、後日談として話してくれた。
私自身、別に悪く書いたつもりも、可愛そうに書いたつもりもない。
ただ、ステンドグラスに関わって来た23年間、私自身の想いを率直に書いただけである。


見も知らない人からのコメント、遠くフロリダやイギリスからも頂いた。
国内からもたくさん頂いた…、webサイトで触れた人達…
不思議な時代になったものだ、インターネットを通じて知らない人達とふれあったり、
情報をいながらにして得ることが出来る。
便利で身近な情報のやりとり、しかし、これで良いのか手放しで喜ぶわけにはいかない。
悪用と言う怖さもあるとニュースで知る…
折角1年間続けてきたBlog!
少しずつ、少しずつ良い方向に育てていきたいものです。
私のホームページを見て頂いた方達、そしてコメントを頂いた方達、
有難うございます! 心からお礼申し上げます。
これからもよろしく御願い申し上げます。

投稿者 TT : 23:35 | コメント (1)

2005年01月03日

元旦の朝

Ginsekai.jpg
銀世界/としき作


あけましておめでとうございます!

大晦日、朝起きてびっくり…、窓の外は雪…
公園の中も真っ白…、なのに傘をさして歩いている人がいる。
翌朝、久留米の友達の家に元旦の挨拶に行く、
雨が降った程度だったので、都市高速にのって走ってると、
大野城市にかかるころから、ふわり‥ふわり‥と雪が舞だした!
何故か胸騒ぎ…、だんだん雪がひどくなってくる。
路面に雪がつもりはじめ、太宰府市に入った頃には、本格的な雪になり、
とうとう吹雪き始める…、このまま進むか、引き返すか…?
ハムレットの心境。 
娘は怖い怖いと云いながらはしゃいでいる!
運転している私は気が気ではない、車はノーマルタイヤ、チェーンなど持ってない
途中、5台の玉突き事故を横目に、30キロくらいの速度で、おそるおそる用心しながら走る。
前が全然見えない…!
後ろの車も、私の車を追い抜こうとはしない、車間距離を保ってついてくる。
1台また1台と車がいなくなるたびに、心臓に悪い、不安が増してくる…
太宰府をぬけ次の町、基山町に入る!
すると、路面は濡れてる程度、雪のかけらもなく空は明るい…、これは何なんだ!
久留米は嘘のように晴れている…、気まぐれな天気である。
太宰府の付近はいつも、ここだけは雨が多かったり、雪が多い…
地形の関係かな…、判断に迷う。


投稿者 TT : 16:21 | コメント (0)