2005年11月03日

ステンドグラスへの想い15 エッチング

519.JPG
花/Saisons  w3000×h2500   東京/麻布

537.JPG

つい最近、 ステンドグラスの仕事でなく、同じガラスの仕事だが「エッチング」の話が来た。
本職以外の仕事の依頼があると、とても緊張する。
しかし、挑戦したい気持ちの方が勝り、初めての仕事ほど燃えてくる自分がいる。

縁の仕事は、私自身、常に大事にしてる事だけど、新しい分野へのチャレンジは
反面、緊張とプレッシャーで関わってる間中、失敗に怯えている自分がいる。

エッチングは今回で3度目だが、
今回の仕事の依頼は、レベルの高い作品を求められた事と遠方(東京)だった事もあり、
オーナーの感覚が人を介してしか伝わらず、デザインをするのに、
何時も以上に時間がかかってしまった。

意図がつかめず、何度も何度も描き直す…
それでも、気に入る絵が描けない、プレッシャーで追いつめられる…
最初は、今回の仕事は楽だなと簡単に考えていた自分を深く反省する。
(そうなんです、楽と思った時点で自分の気持ちが、もう負けている、ホント情け無い!)


529.JPG

535.JPG

テーマは“花”、四季の花を表現、エッチングは“スリ絵”でなく、
深彫りで、私の作品を作ってほしいとハイクオリティな作品を依頼される。
私自身、簡単なエッチングはするが、レベルの高いエッチングは出来ないので、
パートナー選びが最も大切な仕事になる。
パートナー次第で作品のクオリティが断然違ってくるし、
そして最も重要な事はパートナーとのお互いの信頼関係と思う。
私自身、この件に関しては、全く迷いがなく、
過去2回関わってくれたU君にお願いする。
今回の仕事の中で最も時間を掛けたのは、絵に対する彼との意思の疎通であった。
“花”ひとつひとつの表現方法の打ち合わせ、そして本番にかかる前のためし彫り、
OKを出すまで、何度も打ち合わせ…
彼もいい加減頭に来たと思うが、よく私の無理な要求に応えてくれたと思う。
また、最後まで関わったくれた彼と、彼を長い時間拘束させてくれた会社に
心から感謝したい。

余談だが、途中U君の利き腕が上がらなくなってしまったらしい…
おかげで良い作品ができ、こころからオーナーに喜んで戴き、さらに感謝。

これからも新しい分野に、積極的にチャレンジしていきたいものです!

投稿者 TT : 23:31 | コメント (0)