2009年04月06日

新たな出立

sakura.jpg
私の好きな桜スポットのひとつ…(舞鶴中学校横)


  今年の桜は例年になく美しい…満開に咲き誇る姿は特に見事であった。
ホント今年ほど、何度も満開の桜を昼も夜も散歩しながら愉しんだことはない…
私の大好きな桜のスポットをお見せしようと思い、
新しいデジカメにおさめたのは良いが機械音痴の私のこと、
Blogでお見せしようと思い何度チャレンジしても
上手くいかず、とうとう桜が散り始めチャンスを逸してしまった。
その上Blog更新までも、とうとう月を超してしまった。
ホント申し訳無い…


桜の満開と共に待ちに待った新たなスタートが始まった。


 暗い世の中に於いてホント小さな灯りですが
九州のステンドグラス界に初めて、垣根を越えた
作家集団「ステンドグラスアート・九州会」が誕生しました。

2月28日のBlogにちょっと書いた“眠れる獅子達”8人の内、
わざわざ遠方の宮崎、大分、熊本、長崎から駆けつけた7名の勇士が
3月20日にアジア美術館のカフェサロンに集まった。
(1名新たに参加、メンバー9名)。
初めての顔見せと“これから”を見据えた意義ある話し合いがもたれた。
会の名称を「ステンドグラスアート・九州会」とすることに決定し、
さらに下記の期日に作品展を開催することに決定しました。


☆(仮称)第1回ステンドグラスアート・九州会作品展
  期間:2009年7月9日(木)〜7月14日(水)
  場所:福岡アジア美術館8階 「交流ギャラリー」にて開催
  出品作家:作家9人(カジワラ邦、清永律子、後藤ゆみこ、重松義孝、
       高見俊雄、土井千代子、斜森博行、中村和正、山裾次郎)
  作品点数:27点〜36点(仮)

☆同時開催:“がらすらんど”グラスアートショー
   期日:7月10日・11日・12日
   場所:福岡アジア美術館8階 あじびホール

※詳しい内容については後日お知らせします。

 今年の夏は、難病のこども達のサマーキャンプ「がんばれ共和国in九州」も含め、
私個人にとっては熱い夏になる予感がします…
老骨に鞭打ってでも、まだまだ若い人達には負けません。
明日のステンドグラス界の為にも、
そして明日の作家を目指してる若者達の為にも頑張ります!
また私の私塾“高見塾”の若い娘達3名も育って来つつあります。
スタートして11ヶ月になりますが、まだまだやる気は失ってはいませんね。
このまま行けば近い将来“高見塾“の作品展が出来るかもしれません…
是非その日が来ることを願っています。

投稿者 TT : 23:09 | コメント (0)